岡山県井原市|Everybody is a star!

活動やお知らせIBARA Story

心と体、そして地域、3つの健康にアプローチする活動を

心と体、そして地域、3つの健康にアプローチする活動を

地区内外の子どもたちと、国産ニンニクの植付け、収穫を通して「健康で笑顔が絶えない」体験を共有しているのは、大江地区まちづくり協議会会長の寺岡さんです。ニンニクを栽培するのに最適な環境になるように土地を整備し、毎年成果を上げ続けています。その地道でひたむきな「健康」への思いをまちづくりに活かす取組について伺いました。

大江地区まちづくり協議会の立ち上げ当時、公民館の館長を務めていた寺岡さん。井原市のまちづくり構想に共感し、会長を引き受けられたそうです。協議会の活動が始まった頃は、まだニンニク栽培は行っていませんでしたが、香川県での研修会をきっかけにニンニク栽培を始めたと教えてくださいました。稲を収穫し終えた後、畑を整備してニンニクを育てる二毛作を行っているそうです。2021年からは、放置されている地区内の管理を申し受け、栽培地として活用を進めています。

大江地区外の方との交流も

コロナ禍で現在は開催できていないのですが、例年は収穫時期に「ガーリックフェスティバル」を開催し、地区外からも人が来ていただける企画を行っているそうです。そのイベントをきっかけに地区外の方と交流できる場を作りたい。そんな想いから地区の若い方を中心に月1回のマルシェも行っています。

楽しいまちを作るために、町全体で取り組む

休耕地の解消という地域課題の解決を図る取組を通して、健康で笑顔の絶えない楽しい大江地区にするために、ニンニク栽培の他にもウコン栽培も行っているそうです。さらに貸し農園「大江いきいき農園」を運営しており、地区内の方と地区外の方との交流にも繋がっています。
地区全体で、理想のまちづくりに向かって取り組んでいく姿は、とても輝いていました。