岡山県井原市|Everybody is a star!

活動やお知らせIBARA Story

マイプロジェクトを持つ、高校生の挑戦

マイプロジェクトを持つ、高校生の挑戦

井原市のイベントでは、中高生のパワフルなグループをよく見かけます。自分達が住むまちに積極的に関わりたい、と活動を続ける「Team夢源♡井原」です。「井原への誇りや愛着が生まれた」と語ってくれた、会長の渡邉歌音さんにその取組や夢を伺いました。

渡邉さんは、井原高校に通う高校生。楽しみながら地域の魅力を発信するため発足した井原市公認ふるさと井原魅力化団体「Team夢源♡井原」に所属し、地域のお祭りや、イベント開催などに精力的に参加しています。団体には、中高生グループ「夢源Makers」や、中高生の活動を応援する大学生・社会人グループ「夢源Supporters」もあり、市内外の中高生をはじめ、大学生や社会人まで広く参加しています。井原市内外の方々との交流の中で、渡邉さんは成長を感じる日々を過ごしています。

前より話すことが上手になった!

渡邉さんが参加したのは中学生の頃から。もともと、お兄さんが所属していたことがきっかけなのだそう。誘われて参加した当初は、他人とのコミュニケーションに不安を感じていたといいます。しかしいろんな人の意見を聞き、精力的に活動していく中で「前より話すことが上手になったと感じる」と、自身の成長を実感しているようでした。
最近では、イベントでの見聞きをきっかけに参加してくる人も増えているらしく、渡邉さんたちの活動が多くの人の心に響いているように思います。

やりたいことを言いやすい環境が整っているから楽しい

「主催者としてイベントを開催してみたい」、「関わった人たちと一緒にイベントを作ってみたい」、「合宿をしたい」と、やりたいことが溢れている渡邉さん。「夢源」はやりたいことを言いやすい環境が整っているのだそう。誰もが気兼ねなく活動のアイデアを出し合っており、メンバーの一人ひとりが主体性を持って取り組んでいるようでした。
「(大学で)県外へ行ったとしても夢源とは、繋がっていきたい」と渡邉さんは胸を張って教えてくれました。「夢源」として過ごす時間や思いに、物理的な距離は障害にならないようです。これからも井原市を盛り上げていきたいという熱意は、とても輝いて見えました。