岡山県井原市|Everybody is a star!

活動やお知らせIBARA Story

子どもたちのヒーローになる!

子どもたちのヒーローになる!

井原市にヒーローがいることをご存知でしたか?
その名も「天神獅子イバラスター」!美星の星からやってきたヒーローです。
今回は、イバラスタープロジェクトの企画をしている合同会社IBARASTARS代表社長の三島健太郎さんに話を伺いました。

大きくなったらなりたかった夢

「小さい頃からヒーローに憧れていて、大きくなったらなりたかった夢でした。」と三島さんは嬉しそうに教えてくれました。夢を目指して上京し、某プロダクションに入って、色んなショーや撮影でヒーローや怪獣、宇宙人を任されてきたのだとか。

そんな三島さんが「地元で自分がやっていることを形に残したい」という想いから2018年にイバラスターを企画。現在は、東京と井原での2拠点生活でショーを行っているそうです。
井原市内では、幼稚園や小学校へ赴いたり、自主企画でイベントを実施しており、昨年は井原放送の「元気アップ体操」にもイメージキャラクターとして登場。井原市を盛り上げるために活動しています。

子ども達の笑顔を見るために。

「子ども達や親御さん、ファンの方々に元気になってもらったり、喜んでもらったりすることがやりがいにつながっています」と三島さん。メッセージをいただいたり、SNSで反応があったりすると嬉しくて今日も頑張っているそうです。

子ども達が憧れるヒーロー像を目指して

現代の子ども達はゲームをしたり、ユーチューブを見たりと、昔のようにヒーローに憧れを持つ子どもは少なくなってきているかもしれない。しかし「私が子どもの頃そうだったように、漠然と遊ぶのでなくて、ヒーローに憧れるように目標を持って色々なことに取り組んでいってもらいたい。」と井原市の子どもたちへ抱く三島さんの想いを教えてくれました。

現在のイバラスターは美星町出身。ゆくゆくは美星町以外の各地区にイバラスターがいて、困った人を助けていくようになって欲しいと、目標や展望について目を輝かせながら語ってくれました。

井原市を背負って発信している姿はキラキラと輝いてみえました。イバラスターが助けてくれる未来は近いかもしれないですね。